身体を引き締めたいなら効果の高い加圧トレーニングがベスト

  1. ホーム
  2. 身体を動かしてみよう

身体を動かしてみよう

ストレッチ

効果をあげる為の注意とは

健康やダイエットのためにストレッチをしている人も多いことでしょう。身体が硬く筋肉や関節の可動率が悪いと、ケガの原因にもなります。ストレッチで筋肉の緊張を解き体全体の動きを良くすることは、不慮のケガから身を守ることにもつながります。仕事や家事の合間に、簡単に取り組めるストレッチは、誰もが手軽にできる低コストの運動だといえますね。ストレッチを効果的に行うには、いくつかのポイントがあります。まずは、伸ばす部位を意識すること。漫然と伸ばすのではなく、今、どこの筋肉を伸ばしているのかを常に意識することで、おのずと取り組む姿勢も変わってきます。正しい姿勢で行うことも大切ですよ。悪い姿勢で行うとその姿勢が定着してしまい、逆効果になることもあるので、注意が必要です。たとえば、身体を真横に倒すべきところを前に傾けてしまうと、そのストレッチの意味自体がなくなってしまいますよね。勢いをつけずにゆっくりと行うことも重要です。全力でストレッチをして筋肉を傷めてしまうと、痛みが引くまで時間がかかってしまいます。力を入れ過ぎることなく、じっくり、ゆっくりと伸ばして行きましょう。また、呼吸を止めずに「伸ばすときに吐くこと」を意識しましょう。酸素を取り入れながら身体を動かすことを忘れないようにしたいですね。自分自身で行うストレッチには限界があります。時にはプロに任せて、全体的なケアをすると、より良い効果が期待できますよ。